AGA治療に使用する治療薬について

薄毛の悩みというのはAGA治療をすることで解消することができます。

AGA治療に関してはこちら

AGAの治療方法は主に投薬治療が基本になっています。

このページではAGA治療の時に処方されるAGA治療薬について詳しくご説明します。

 

AGA治療でつかうAGA治療薬について

AGAの治療には服用薬を主に処方されます。

また、患者の状況や希望があれば外用薬も処方してもらえます。

服用薬には2種類あり、ひとつは抜け毛の進行を止める薬

もうひとつは発毛させるための薬です。

どちらも薄毛対策のAGA治療はには欠かせない薬で、薄毛の原因にもなっているヘアサイルクの乱れを服用薬で正常に戻すことになります。

ひとつひとつの治療薬について詳しく説明しましょう。

 

抜け毛を減らすためのAGA治療薬

まず薄毛の原因になっている抜け毛を減らすための薬からご説明します。

今回紹介するAGA治療薬はAGAヘアクリニックで処方される薬を例にしてご紹介します。

抜け毛を減らすための治療薬として処方される薬は「フェナステリド」です。

このフェナステリドを服用(飲み薬)することによって抜け毛が減ります。

AGAヘアクリニックではフェナステリドよりも効果が非常に高い「デュタステリド」を処方してもらえます。

この「デュタステリド(フェナステリド)」を服用し抜け毛を減らして薄毛の進行を止めることができます。

もし発毛はせずに抜け毛だけ減らしたいという場合は、この「デュタステリド(フェナステリド)」の服用だけで現状維持をすることが可能です。

 

発毛させるためのAGA治療薬(服用薬)

次に髪の毛を発毛させるための服用薬があります。

これが非常に重要で、薄毛の人には「最高に嬉しい」と感じることができる薬です。

この発毛をさせることができる薬は「ミノキシジル」です。

ミノキシジルを服用することでヘアサイクルを正常に戻して、強くコシのある髪の毛が生えてきます。

「発毛を実感することができる薬」です。

この時の副作用として、初期の段階で抜け毛が増えるという現象があります。

これは正常なことで、抜ける髪の毛はそもそも弱く、抜けるべき髪の毛が抜けます。

新しく生える強くコシのある髪の毛を生やすために邪魔になるので抜ける髪の毛です。

心配しなくても大丈夫です。

むしろこれから新しく生える強くコシのある髪の毛が生える準備をしていると喜んでいい現象です。

 

発毛させるためのAGA治療薬(外用薬)

AGA治療は主に上記で紹介した2つの治療薬が処方されます。

ただ薄毛の状態がひどい場合や、患者の希望によって処方される薬があります。

それが「ミノキシジル外用薬」です。

ミノキシジル服用薬を服用すれば正常なヘアサイクルになり、新しい髪がしっかりと発毛します。

しかしより効果を求めたい、より早く発毛を実感したいという人には、このミノキシジル外用薬が処方されます。

これは直接頭皮につけるタイプの治療薬です。

服用薬で中から、外用薬で外から、両方から治療をすることができます。

 

AGA治療薬まとめ

上記で紹介したようにAGAの治療薬には「抜け毛を止める薬」「発毛させるための薬」の2種類があります。

基本的には服用薬の処方で薄毛は改善されますが、希望者には外用薬も処方してもらえます。

この2つの種類のAGA治療薬を処方してもらえればあなたの薄毛は確実に治ります。

下手な育毛剤を購入するのは本当に勿体無いです。

今すぐ治療を申し込んで発毛を実感しましょう。

AGAヘアクリニックであれば治療薬だけの料金で自宅で治療が開始できます。

▶︎AGAヘアクリニック公式サイト

 

  1. AGA(薄毛)の治療は自宅でする時代です!
  2. AGAは治療すれば治るという事実
    1. AGA治療方法について
    2. AGA治療は自宅でできる
    3. AGA治療の料金について
  3. AGAヘアクリニックでの治療について